Loading

BLOG

名古屋ミネラルショーで宝石の放つ膨大なエネルギーに当てられて

グランサンク(パリ5大宝飾店)と人気コレクションについてささっと解説してみた
【髪型別】似合うイヤリングの選び方とは?
【顔型別】似合うイヤリングの選び方とは?
ピアスの歴史は数千年?起源からファッション文化に至るまで
金属アレルギーを防ぐためのイヤリング・ピアスの選び方
previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

8月の25日に、今年で40回目の開催となる名古屋ミネラルショー2018に行ってきました

このイベントは名古屋鉱物同好会が主宰している中共地区で最大規模のミネラルショーで
カラーストーンのルースや原石をはじめとして隕石などの珍しい鉱物などが世界中から集まります

誰でも自由に参加できるとのことだったので
ジュエリー業界の研究がてらカラーストーンやトレンドのジュエリーが見れたらいいな
気に入った石があれば買い付けてみたいな
といった気持ちで参加させていただきました

ちなみに僕にとっては名古屋ミネラルショーが初めて訪問したジュエリーイベントだったんですけど
これがとても面白くて2~3時間はずっと立ちっぱなしで宝石を眺め続けてましたね

 

新幹線で静岡から名古屋へ向かうときには
初めての大規模ミネラルショーだしバイヤーデビューの日だし相手は業界のプロだしということで少し緊張してましたが

いざ会場に入ってみると各ブースにずら~っと並べられているカラーストーンやらジュエリーやらに目を奪われて
緊張とか不安なんて感情は一瞬で吹き飛びました

会場の「吹上ホール」には年代や職業を問わず多種多様な人たち、若いバイヤーやジュエリー好きのマダム
中には鑑定用のルーペを持った鉱物マニアらしき小学生くらいの子供も訪れていて

みんな驚くほど石に夢中でビビりました、もう目が釘付けって感じで

ご一緒してくれたジュエリー作家さんも魅力的なカラーストーンを見つけるために
何時間も疲れ知らずで楽しそうに会場をぐるぐる回ってたし

僕もそんな宝石だらけの空間にテンションが上がって
ルースを見て回ってたところ
あるショップで惹かれるトルマリンを見つけて生まれて初めて宝石のルースを購入しました

ちなみにルースっていうのは、裸石とも呼ばれる地金に収められていないカット済みの宝石のことです
こんな状態で売られています↓

そしてこの石が僕が初めて買ったナイジェリア産のトルマリンです

何百個と並んでいるトルマリンの中から肉眼で見て
カットの形(なり)が好き、色味が好き、透明感や輝きの度合いも自分の好みというきわめて個人的な判断基準から
ほとんど直感に近いかたちで選びました

値段はとても安くてそこまで市場価値のある石ではないことはわかってたんですけど
シンプルに石が綺麗だと感じたのでこの際産地だの加熱非加熱だのといった宝石としての価値は関係ないなと
初めて自分の目で見て手に取って眺めて、そうやってトルマリンを手に入れたことが単純に嬉しかったんです

このトルマリンをどんなジュエリーに仕立てようかという新たな楽しみも生まれました

やっぱり行動することによってどんどん新しい感情が湧いてきて
それが次のステップへと進むきっかけを作ってくれますね

トルマリンがどんなジュエリーに仕上がったのかはまた別の記事で取り上げさせていただきます

 

名古屋ミネラルショーには色とりどりのカラーストーンとそれを手に取って真剣に眺めているバイヤー、
そしてゴツゴツした鉱物に夢中なコレクターの人たち
みんながみんな生き生きと輝いていて会場全体に活気が満ちているイベントでした

好きなものを純粋に楽しむ人たちからはエネルギーが溢れて
そんなエネルギーに当てられてこっちも気分が高揚したし
品質や価値の判断などもっと宝石に詳しくなって近いうちにまた来たいなと思います

ミネラルショーは基本的に誰でも自由に入場できるイベントなので
興味のある方は「〇〇県 ミネラルショー」などと検索して近場で開催されているものに行ってみるのもありです

宝石とかジュエリーを見ていると目の保養になるし単純に元気が出るのでオススメですよ

それでは今回はこの辺で
ご愛読ありがとうございました!

 

PS(追伸)

イベントの帰りにJR名古屋駅の高島屋に寄ってぷらぷらとジュエリーブランドを見て回ったんですけど
そこで出会った「TOMOKO KODERA(トモコ・コデラ)」がとても素敵なお店でした

デザインはもちろん、何より販売員さんの接客が素晴らしくてすっかりブランドのファンになっちゃいましたね

これがそのとき販売員さんに頂いたパンフです↓

あの販売員さんはお客さんのことを自分と同じ「ジュエリー好きの仲間」のように見て接してくれて、そこから学べるものがたくさんあったような気がします

ということでトモコ・コデラについて、そしてそこで働いていた素敵な販売員については

今度ひとつの記事にしたいと思います
出来上がったらここにリンク貼っときますね↓

 

関連記事

  1. ジャパンジュエリーフェア(JJF)2018|肌で感じた日本ジュエリーの最高峰【P…

    2018.09.05
  2. 山梨ジュエリーミュージアム新館長「飯野一郎」の記念展示はワクワクが止まらない

    2018.09.05
  3. 山梨ジュエリーミュージアムで幻の装飾技法「ピクウェ」を目に焼き付けてきました

    2018.09.04
PAGE TOP