Loading

BLOG

【顔型別】似合うイヤリングの選び方とは?

グランサンク(パリ5大宝飾店)と人気コレクションについてささっと解説してみた
【髪型別】似合うイヤリングの選び方とは?
【顔型別】似合うイヤリングの選び方とは?
ピアスの歴史は数千年?起源からファッション文化に至るまで
金属アレルギーを防ぐためのイヤリング・ピアスの選び方
previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

体型によって似合う服が違うように顔の形によって似合うイヤリングも異なります。あなたの顔型と相性の良いデザインのイヤリングを選べば小顔効果を得られたり肌をより白く見せられたりと良いことづくめ。このページでは顔の形を大きく5つに分類してそれぞれのタイプごとにオススメのイヤリングを紹介しています。イヤリングの選び方は何となく難しく感じてしまいますが基本はとてもシンプル。難しく考える必要はありません。それではあなたの顔型にマッチするイヤリング選びのコツをマスターしていきましょう。

卵顔

 

Makiさん(@hys__maki)がシェアした投稿

卵型の人は輪郭のバランスが良いので基本的にどんな形のイヤリングでも似合いますね。その日の気分や演出したいイメージに合わせてイヤリングをセレクトしちゃいましょう。大人っぽい雰囲気にしたいならエレガンスなドロップ型可愛らしさを演出したいならコロンとしたスタッズ型のイヤリングなど、丸顔さんはオールマイティなコーディネートが可能ですよ。

丸顔

 

eteさん(@ete_official)がシェアした投稿

丸顔の人には縦のラインを強調してくれるドロップ型のイヤリングがおすすめです。丸顔は顔の縦横比がほとんど同じなので、垂れ下がる形のドロップ型を身につけるとフェイスラインがすっきりとした印象になるんです。逆に横幅を強調してしまうようなデザインのものは、顔をより丸っこい印象にして野暮ったく見せますので大ぶりのフープ型やスタッズ型のイヤリングには注意が必要です。耳にピタッと張り付くボタンタイプのイヤリングを選ぶなら三角形のモチーフや小粒なデザインなど、丸顔を強調させないアイテムがおすすめです。

四角顔

四角い顔の方はエラを補正できるように意識したイヤリング選びが大切となります。エラを補正するためのコツは耳元に丸みをもたせること。なので四角顔の方には丸みのあるフープ型や耳たぶよりも大きくないボタン型のイヤリング、長すぎないドロップ型などもおすすめです。

 

3329_mimizukuさん(@3329_mimizuku)がシェアした投稿

これらのイヤリングで耳元に丸みを持たせることによって顔全体のフォルムが卵型に近くなってシュッとした印象になるんです。また四角顔の方が注意したいイヤリングはエラを強調させてしまうようなデザインのものです。ですので輪郭と似たような四角い形のスタッズ型やボリュームのあるスタッズ型は要注意と言えるでしょう。

逆三角形顔

 

ほりなか りささん(@hori0914hori)がシェアした投稿

シャープなあごのラインが特徴的な逆三角形型は、クールな印象を演出できることがメリットでありながら逆にそれがきつい印象を与えてしまうこともしばしばあります。なので逆三角の人はシャープなあごのラインをまろやかにしてくれるイヤリングを選んでください。具体的には、優しいニュアンを持ったボリューミーなドロップ型のイヤリングがおすすめです。ドロップ型のチャームが顔の横に垂れ下がることであご付近のラインに幅が生まれて顔の印象が優しくなるんですね。なので逆三角の人はあごの近くまで垂れ下がるような眺めのドロップ型がおすすめなんです。優しいニュアンスのデザインだとなお良いと思います。逆に逆三角の方におすすめできないデザインは先端に向けて尖った形のイヤリングですね。輪郭と同様に逆三角形のデザインはシャープさを強調するので避けた方が良いでしょう。

面長顔

面長タイプの人は顔の長さを補正できるようなイヤリング選びが大切になります。縦長のフォルムを補正するためには横幅を増やせるように丸いフォルムのイヤリングを選ぶのがコツです。なので面長タイプの人はできるだけ横幅を強調できるフープ型や丸みのあるボタン型のイヤリングがおすすめ。横幅のあるイヤリングをつけることで顔の印象が柔和になって、よりいっそう魅力的になれますよ。

 

Lamieさん(@lamie_lamie)がシェアした投稿

面長の人が注意したいのが、顔の長さを強調してしまうようなドロップ型のイヤリングを選んでしまうことです。特に華奢なチェーンのデザインは、面長の人がつけると縦長のフォルムが強調されてしまうので要注意。面長だけどどうしてもドロップ型をつけてみたいという人には、 短めのデザインでかつ幅広のチャームがついているイヤリングがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?自分に似合ったイヤリングを選べるようになるとおしゃれがどんどん洗練されていきますのでまずは自分の輪郭をしっかりと把握してから全体のバランスを整え、あなたの長所を引き立ててくれるイヤリングをセレクトしてみてくださいね。髪型に合わせたイヤリングの選び方を知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてください!

 

関連記事

  1. イヤリングの留め具7種類|痛くなくて落としにくいおすすめは?

    2018.05.08
  2. イヤリングとは【歴史・種類・長所と短所・選び方・素材と相場・金アレ】

    2018.08.07
  3. ピアスとイヤリングの細かな違い。あなたにぴったりな耳飾りはどっち?

    2018.08.06
  4. 金属アレルギーを防ぐためのイヤリング・ピアスの選び方

    2018.05.09
  5. ピアスの歴史は数千年?起源からファッション文化に至るまで

    2018.05.18
  6. 【髪型別】似合うイヤリングの選び方とは?

    2018.05.14
PAGE TOP