Loading

BLOG

アンティークジュエリーとその時代区分。見どころは〇〇!?

グランサンク(パリ5大宝飾店)と人気コレクションについてささっと解説してみた
【髪型別】似合うイヤリングの選び方とは?
【顔型別】似合うイヤリングの選び方とは?
ピアスの歴史は数千年?起源からファッション文化に至るまで
金属アレルギーを防ぐためのイヤリング・ピアスの選び方
previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

アンティークジュエリーとは

ヨーロッパでは製作されてから100年以上が経過した骨董的な価値を持つ宝飾品のことをアンティークジュエリーと呼びます。

中でもイギリスはアンティークジュエリーの本場と言われていて、
その背景には19世紀のイギリスが繁栄した時代に国を統治していたヴィクトリア女王が
ジュエリー愛好家だったことが大きく関係しているんです。

女王が身につけたジュエリーはたちまち模倣され、貴族階級や一般人の間で似たようなデザインの装飾品が流通します。
このような世相を一端としてイギリスでは多くのジュエリーが生まれたので、
今ではイギリスがアンティークジュエリーの本場となっているわけです。

またイギリス以外では、フランスもアンティークジュエリーの多い国として知られていますね。

パリのヴァンドーム広場には、メレリオディメレー(1613年創業)・ショーメ(1780年創業)・モーブッサン(1827年創業)・ブシュロン(1858年創業)・ヴァンクリーフ&アーペル(1906年創業)という5大宝飾店(グランサンク)があり、
フランスにはそういった歴史的なジュエリーブランドが多いので、
イギリスに次いでフランスにもアンティークジュエリーが広く流通しているんです。

ちなみにパリ5大宝飾店(グランサンク)について詳しく知りたいあなたにはこちらの記事がおすすめです↓

アンティークジュエリーの時代区分

アールヌーヴォー期を代表するアーティスト「ルネ・ラリック」の作品(チョーカーヘッド) 出典:http://www.lalique-museum.com/museum/about/index.html

市場に流通するアンティークジュエリーの多くは19世紀後期以降に作られたものです。

それよりも前の時代、つまり18世紀以前のアンティークジュエリーは極めて流通量が少なく
本場イギリスのショップでも18世紀のものを見つけられることは極めて稀だと言われます。

アンティークジュエリーには製作された時代ごとに区分があり、古い順に

  • ジョージアン期(1800~1837年頃)
  • ヴィクトリアン期(1837~1901年頃)
  • エドワーディアン期(1880~1915年頃)
  • アール・ヌーヴォー期(1890~1910年頃)
  • アール・デコ期(1920~1940年頃)

という具合に並べられています。

アール・ヌーヴォーとアール・デコ期のジュエリーは、
作られてから100年を経過していなくてもアンティークジュエリーとして認められているんですが、この理由は

ヌーヴォー期のデザインに見られる”曲線の多用・具象モチーフ・鮮やかな色彩”
そしてデコ期のデザインに見られる”直線的・幾何学モチーフ・色彩の強烈な対比”
などの当時の時代背景から生まれたデザイン様式は現代と比較しても際立っており
たとえ100年を経過していないとしてもアンティークとしての価値が十分に高いから」だと言われています。

アール・ヌーヴォーは曲線、アール・デコは直線、という風に時代によってアンティークジュエリーのデザインには特徴があって
そのようなデザイン様式の特徴から時代区分が生まれているわけですね。

ジョージアンやヴィクトリアン、エドワーディアンの時代のジュエリーにも特徴があるんですが、それは別の記事で解説していきますね。

アンティークジュエリーの見どころは繊細な金細工

出典:https://antique-gallery-soleil.com/products/detail.php?product_id=162

アンティークジュエリーの魅力は、現代の技術でも再現できないほど高度な金の装飾にあります。

18世紀~19世紀はジュエリーが王侯貴族のために作られていた時代なので、
ジュエリー職人たちは王族から十分なまでの金銭的バックアップを受けながらジュエリーの制作に励むことができました。

そのような環境で切磋琢磨すれば当然職人の技術はどんどん高度になっていきますよね。

中でもグラニュレーション(粒金)と呼ばれる微細な金の粒を並べた装飾技法は究極の技として有名で、
現代の職人でも再現できない技術だと言われているんです。(上の画像に見られる金の粒が実際のグラニュレーションです)

なので数百年前のジュエリーにしか見られない精巧なグラニュレーション(粒金)をはじめとした金細工は
アンティークジュエリーの大きな魅力となっているわけですね。

金細工以外にもカメオインタリオ、そしてエナメルなどなど
アンティークジュエリー特有の装飾技法はまだまだたくさんあるので、別の記事でご紹介していきたいと思います。

まとめ

この記事ではジュエリー好きなら知っておきたいアンティークジュエリーの基礎知識についてお話ししました。

ざっとおさらいすると

  • アンティークジュエリーとは、製作されてから100年以上が経過したヨーロッパのジュエリー
  • デザインの特徴ごとに5つの時代(ジョージアン・ヴィクトリアン・エドワーディアン・アールヌーヴォー・アールデコ)に分けられている
  • 精緻な金細工が特徴的

以上の3点がこの記事のポイントとなります!

 

関連記事

  1. シルバー製の装身具はアクセサリーなのかそれともジュエリーなのか、という問題につい…

    2018.07.26
  2. 日本のジュエリー史には空白の1000年がある?!

    2018.08.01
  3. K18とK10の違い。価値が高いのは?お手頃で買えるのはどっち?

    2018.08.23
  4. ジュエリーの分野で注目を集める日本固有の金属のお話

    2018.09.29
  5. ジュエリーと関係の深い日本の伝統工芸技術まとめ【おすすめ作家も紹介】

    2018.09.25
  6. ジュエリーとアクセサリーの違いって何?

    2018.07.23
PAGE TOP