Loading

BLOG

日本のジュエリー史には空白の1000年がある?!

グランサンク(パリ5大宝飾店)と人気コレクションについてささっと解説してみた
【髪型別】似合うイヤリングの選び方とは?
【顔型別】似合うイヤリングの選び方とは?
ピアスの歴史は数千年?起源からファッション文化に至るまで
金属アレルギーを防ぐためのイヤリング・ピアスの選び方
previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

今回のテーマは、日本ジュエリー史最大の特徴とも言える”空白の1000年“についてです。

空白の1000年とは何なのか、というテーマに始まり日本人がジュエリーを身につけなかった理由、
そして明治時代に再スタートを切った日本のジュエリー文化についても知ることができるので
興味のある方はぜひ読んでいってくださいね。

日本ジュエリー史における空白の1000年って何?!

世界中のあらゆる民族は必ずそれぞれに特色のある宝飾品史を持っているものですが

その中でも私たち日本人は、とても珍しいジュエリー史を持つことで知られています。

 

なぜなら、
日本は国として文化としてきわめて長い歴史を歩んできたにも関わらず、その長い歴史のほとんどの時間において
ブローチやペンダント、ネックレスや指輪といった一般的なジュエリーを全く使用してこなかったからです。

 

縄文時代から6世紀の古墳時代までは、この時期の遺跡からピアスや指輪、首飾りなどの装身具が出土しているので、
古代の日本人はジュエリーを使って身体を飾るという行為をしていたことがわかっています。

しかし古墳時代に続く飛鳥時代から、
なんと1000年以上も経った明治時代まで日本ではこれといったジュエリーが姿を消していました。

 

つまり日本の宝飾品史には1000年以上もの空白期間があり、これは世界的にみても極めて異例なケースなんです。

 

日本がジュエリーを全く使用していなかった頃の中世ヨーロッパや他の国々では
金や銀などの貴金属とダイヤモンドやルビーなどの宝石が組み合わさった宝飾品が普通に作られているので、日本ジュエリー史における空白の1000年には驚かされますね。

なぜ日本人はジュエリーを身につけなかったの?

昔の日本人がジュエリーを身につけなかった理由にはいくつかの説があります。

ひとつは
日本人が身につけていた着物という衣装そのものが美しかったことから、とりたててジュエリーで飾りつける必要がなかった
という説です。

これはたしかに一理あるのですが、
西洋にも華麗な装飾が施された衣装は存在するので、この説はあくまで一つの要因に過ぎません。

 

また”着物の構造や日本人の髪型がジュエリーを用いにくいものであった”、このような説もありますし

“日本人は見せびらかしのようなあからさまな美を嫌うから”、こういった意見もあります。

 

「なぜ日本人は長い間ジュエリーを身につけなかったの?」という質問におそらく正解はなく

上に挙げた複数の要因が重なったことによって
日本人はリングやネックレスといったごくごく普通のジュエリーにも触れることなく、独特な宝飾品史を歩んでいったんですね。

明治期に再スタートした日本のジュエリー史

1000年以上も宝飾品文化が影を潜めてきた日本という国で、ようやくジュエリーが作られるようになったのは明治期に入ってから。

1876年の廃刀令によって刀装関連の品物を制作していた職人たちが一斉に転職を強いられたことをきっかけに、
優れた金工技術を持った一流の武具職人らが日本における初期の宝飾品生産者となりました。

 

日本はジュエリーの歴史が浅い国ですが、ジュエリーづくりと関わりの深い鋳金・鍛金・彫金と呼ばれる金工技術は、
飛鳥から明治にかけてジュエリーが全く作られてなかった時代から、仏教美術武器装飾のジャンルで受け継がれてきました。

そしてそういった日本の金工技術は世界でもトップクラスのものでした。

 

つまり日本で再スタートしたジュエリー史は、装飾品以外の分野で1000年にも渡って保存されてきた技術がベースになっているわけです。

明治・大正・昭和という時代では、欧米から学ぶ一方だった日本のジュエリーが
20世紀の末から製品の逆輸出を始めるまでに成長できたのは、
日本のジュエリー業界がこういったハイレベルな伝統技術を根っこに持っているからなんですね。

まとめ

いかがでしたか?

ジュエリーに関わらず何かの歴史に1000年もの空白期間があるなんてとても興味深く感じますし、
その空白期間に別の分野で磨き上げた技術がのちのジュエリー業界を支えた、というのも何だか感慨深いものがありますね。

この記事では古墳時代までどのような宝飾品が使われていたのかについての詳細や、
空白期間に”日本人女性が唯一身につけていた装身具“についても扱えなかったので、それはまた別の記事で取り上げていきたいと思います。

 

それでは、ご愛読していただき誠にありがとうございました!

 

関連記事

  1. 日本美術に影響を受けたパリの二大ジュエリー作家とは?

    2018.09.24
  2. ジュエリーの分野で注目を集める日本固有の金属のお話

    2018.09.29
  3. ジュエリーとアクセサリーの違いって何?

    2018.07.23
  4. グランサンク(パリ5大宝飾店)と人気コレクションについてささっと解説してみた

    2018.07.21
  5. ジュエリーと関係の深い日本の伝統工芸技術まとめ【おすすめ作家も紹介】

    2018.09.25
  6. アンティークジュエリーとその時代区分。見どころは〇〇!?

    2018.07.19
PAGE TOP